ズワイガニの特徴は、身が繊細でカニ独特の甘みがしっかりと味わえることでしょう。 カニ本来のおいしさをじっくりと味わって食べたい時にオススメのカニですね。 ズワイガニは、「本ズワイガニ」、「大ズワイガニ」、「紅ズワイガニ」と種類によって分類されています。 さらに、本ズワイガニは水揚げされた地域ごとに、「松葉ガニ」や「越前ガニ」といったブランド名が付けられていることも多いです。 大ズワイガニは、ロシアのベーリング海やアラスカ沿岸域、オホーツク地方で水揚げされたカニが日本では流通しています。 身の大きさでは大ズワイガニの方が食べ応えがありますが、甘みの強さは本ズワイガニの方が上でしょう。 本ズワイガニと比べられることも多い紅ズワイガニは、身入りや味が劣るといわれている分、低価格で売られていることがほとんどです。 日本でズワイガニといえば、大抵は本ズワイガニを指し、タラバガニと並んで人気を集めています。 確実においしい本ズワイガニを食べたいなら、価格は高くなってしまいますが、証明のための色つきタグを付けたブランドガニを選ぶといいでしょう。